春・編 0 comments on 幼虫をペットボトルへ

幼虫をペットボトルへ

春のマット交換ペットボトル(13本)に幼虫(13匹)を入れました。(各1本に1匹つづ)すぐにもぐって行きました。

1週間ほど経過・・・・

時折、「こんにちは!」とマットの上にいる幼虫君達・・・・???

北海道のGWの気温は20℃前後かな?車庫の温度も20℃弱(18℃程)前後といったところ

新しいマットにグイグイもぐって行きましたが・・・。時折ケースを覗くとペットボトル(13匹)と衣装ケース大(15匹)で1匹、2匹程の「こんにちは!」とマットの上にいるのを度々発見する・・・・

このまま何事もなく無事に蛹になってくれることを祈るよ~!

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

春・編 0 comments on 春のマット交換2019′

春のマット交換2019′

気温も上昇してきましたので、春のマット交換の時期のようです。
GWに行いました。(北海道ですのでGWで十分かな?と・・・)

まずはクリアー衣装ケース大をひっくり返した。何匹生きているんだ?幼虫君達は・・・?

じゃん~28匹いました。(2018’秋にもらった時は確か32匹)春の生息幼虫数は28匹と言う事で、立派、立派パチパチパチ♪
結構大きくなっているようです・・・(今年は体重測定しなかった。)

さぁ~ここからどうしましょうか?
まずは大きい幼虫から2リットルのペットボトルへgo!!このペッボトル13個作った。13匹分ということ。

残りの15匹を新しいマットを入れ、クリアー衣装ケース(大)(約W60×D40×H30)に再びgo!!
と、言う事で全28匹の幼虫君の春のマット交換が終了。
にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

カブトムシ用品, 春・編 0 comments on 2019’春マットに穴が・・・

2019’春マットに穴が・・・

衣装ケース大をのぞきこむと穴が数か所・・・
コレはきっと幼虫が暖かくなってマットの上に時折、登場しているような形跡だ!

北海道は寒いのでGW頃が目安かな?と思います。
ちなみに地下室で冬を過ごした幼虫ですが・・・
春のマット交換の時期のようです。

今回の春の最終の交換マットはこちらの2種使用

マルカン くぬぎ昆虫マット 10L M-200


マルカン バイオ育成幼虫マット 10L M-705

2種類のマットを各10ℓ×2袋=40ℓを混ぜて使用してみました。

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

冬・編 0 comments on 2月マット追加

2月マット追加

2月幼虫君の様子ちょっこら見ようと・・・・衣装ケース(大)をのぞいた。うん?結構フンがあるように思えた・・・マットがパサついてるようにも思えたのでちょっと掘ってみた。早速、幼虫君に遭遇した・・・。おっ!結構大きくなっているようだ!それと2匹の幼虫が☆になってるのを発見し、取り除いた。

秋に入れた時の大きさで☆になっていた。エサ食べれなかったのか?マットふるいにかけて上げれば良かったかな?と思った。

マットに霧吹きシュッシュした。

我が家の地下室の温度計の温度は7℃を示していた・・・

マット10ℓ2袋(20ℓ)足した。


順調に大きくなってるようだ(#^.^#)

上のマットふるいにかけフンを取り除き、20ℓ足した。結構ケース内のマット満杯状態になった。このまま春(4月)まで過ごそうと思う・・・。

マルカン バイオ育成幼虫マット 10L M-705

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

秋・編 0 comments on 2018年10月カブトムシの幼虫がやって来た!!

2018年10月カブトムシの幼虫がやって来た!!

またまた、カブトムシです。
今回はもらいました。卵産む予定無かったけど30匹ぐらい幼虫になってたから・・・。
と、言う事で・・・。今回は、頂きモノの幼虫を育てます。

2018年10月中旬・・・

もらった時はこんな感じでした^^;幼虫の数を数えました。32匹の幼虫です。

クリアー衣装ケース(大)(約W60×D40×H30)

秋(10月も下旬に近い日)だったので、このまま冬眠させようと、衣装ケース大に一斉にGO—!!

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

冬・編, 日記 0 comments on カブトムシ君!メリークリスマス♪

カブトムシ君!メリークリスマス♪

2017年8月9日から続々誕生したカブトムシ君だった・・・
秋になり、夏の王様カブトムシ君は死んでいった・・・3ヵ月、4ヶ月と過ぎた・・・
1匹、1匹と少なくなっていく・・・
秋も深まる・・・
雪が降る・・・
クリスマスだ!!

ウッソ~でしょ~まだ生きている(笑)

弱弱しくはないっているものの生きている。ゼリーも少量だが食べている。

カブトムシ君~メリークリスマス~♪

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

カブトムシ用品 0 comments on 2017’購入した昆虫マット・昆虫ケース

2017’購入した昆虫マット・昆虫ケース


インセクトランド バイオ育成カブト虫マット 10L

卵から孵った時に使用したのがこのカブトムシの絵が付いたバイオマット近くのホームセンターで購入した。


SANKO 育成マット10L

衣装ケース大に使用したのがこの育成マット3袋(30ℓ)


◆きのこMat50L クワガタ幼虫、カブトムシ幼虫に使えて大きく育つ脅威のエサ昆虫マット、プロ仕様オールマイティ発酵マット!(クワガタ幼虫の餌・カブト幼虫のえさ) 《200万リットル以上の販売実績》 キノコマット【送料無料商品へは、他の商品の同梱ができません。】

マットの量が全然足りないので、こちらのきのこマット購入した。
市販のバイオマット、育成マットとは違い、ガス抜きし、加水後1週間ぐらい置く必要があった。おてがるなのはやはり市販のものだろう。タダこの「きのこマット」で幼虫がメチャデカくなりました。スゲー(^○^)

昆虫ケース

アイリスオーヤマ 飼育ランド ブラック Mサイズ

最初の♂♀のペアーを飼ったのがこのMサイズのケース


アイリスオーヤマ 飼育ランド ブラック LLサイズ

続々カブトムシが誕生しこのLLケース購入した。4~5匹のカブトムシの成虫をこのLLサイズで飼った。

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

ちょっこら知恵蔵, 夏・編 0 comments on 2017結果発表♂と♀の割合

2017結果発表♂と♀の割合

2017結果発表です。

はじめてのカブトムシの種付けからの成虫まででした。今回はマット(土も)数種類使いました。

結局、残念ながらカブトムシの成虫が誕生することなく、最後2本のペットボトルが残りました。
1匹は幼虫のまま
1匹はオスのカブトムシの成虫の形になってましたが、残念ながら生まれて来ることできなかったのでしょう。

15匹の幼虫のうち2匹が残念で、あと13匹のカブトムシとしてこの世に誕生したことになります。

但し、大きかった41gあった幼虫と38gあった幼虫はお尻の部分がつぶれた形で誕生でしたので、

結果は15匹中11匹が元気に成虫でした。

2匹は☆

2匹は奇形(♂2匹)

Continue Reading “2017結果発表♂と♀の割合”

夏・編 0 comments on 大きな幼虫の結末は・・・

大きな幼虫の結末は・・・

最終体重測定、春の時点で41gあった幼虫と38gあった幼虫はお尻の部分がつぶれた形での誕生でした。(羽が収まらなと言おうか・・・)
「自分の体重が重くて下の所がつぶれたんじゃ~ないか?!な?」
「自重なんちゃら・・・」っていう状況らしい。

ほっ~幼虫もデカければ良いというものではないようだ!
幼虫が大きかった分、期待していましたが・・・

これは、本当残念な結果です。
幼虫の時デカいけど、成虫もデカいです。
お尻潰れちゃった~。
上手く羽化させてあげられなくてごめんよ!!

羽化不全の原因

  • 蛹室が壊れた。(振動や衝撃により)
  • 蛹室が幼虫のサイズに合っていない(小さい)
  • マットの水分が足りずに充分に固まらずに崩壊する。
  • 多頭飼育により(同じケースに複数の幼虫を入れ)後から蛹室を作る幼虫によって壊される。

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ

夏・編 0 comments on 成虫が続々誕生・・・抜け殻と白い液体と後食

成虫が続々誕生・・・抜け殻と白い液体と後食

ボコ、ボッコとマット(土)に丸い穴が開き8月9日以降、連日の続々カブトムシが誕生しました。

♂も♀も同じような誕生です。

抜け殻が・・・土の中に残されている状態です。脱皮して、カブトムシ成虫になった。

白い液体(ウンコ)のようです(>_<)コレ!メチャクチャ臭い~!!

成虫になり1週間ぐらいの間は、この臭い白い液体ウンコしますね・・・

5センチ前後とかなり大きめのカブトムシが誕生しました。

1度土から出て来て、別のケースに入れましたが、エサのゼリーに手を付ける事もなく、再び土にもぐったり、1週間ほどは、おとなしいく過ごすようです。

消化器系が熟成されるのに1週間ほどかかるようです。

はじめてエサのゼリーを食べる事を後食(こうしょく)と言うようです。

ココからは食欲モリモリのブンブン~♪夜の大運動会が始まります。

にほんブログ村 その他ペットブログ カブトムシへ